Menu


生命(いのち)をやさしく見つめる 株式会社イデアクエスト

ENGLISH
Menu

IDEAQUEST Inc. > ニュースリリース > 非接触・無拘束ベッド見守りシステム「OWLSIGHT(アウルサイト)福祉用」 発売のお知らせ

ニュースリリース

非接触・無拘束ベッド見守りシステム「OWLSIGHT(アウルサイト)福祉用」 発売のお知らせ

 慶應義塾大学発ベンチャーである株式会社イデアクエスト(本社:東京都大田区東糀谷 代表取締役社長:坂本 光広)は、非接触・無拘束ベッド見守りシステム「OWLSIGHT福祉用」の販売を10月27日より開始いたしました。

開発の背景

 介護には、目を離した隙の事故や離床徘徊のリスクが伴います。これらのリスクを軽減するためには、常時見守っていなければなりませんが、それは介護者に大きな負担となります。介護者の負担を減らし、かつ、被介護者にも普段どおり快適に過ごしていただくために、イデアクエストは人工知能を搭載したベッド見守りシステムを開発いたしました。地域包括ケアシステムの基盤となる情報を提供し、これからの超高齢化社会をOWLSIGHTが支えます。

本製品の特長

  1. 寝室に溶け込むセンサー
    ベッド枕元側の壁や天井など、高所にセンサーを設置し、ベッド全体を見守ります。ライトのような形状は違和感がなく、生活の邪魔になるようなこともありません。
  2. 非接触・無拘束
    赤外光を利用して、被介護者を非接触・無拘束に見守ります。そのため、被介護者は、普段どおり快適に生活していただくことができます。
  3. 大きな動きも小さな動きも検出
    被介護者が、立ち上がったり、ベッドの柵にもたれかかったりという大きな動作と、悶えたり、震えたりといった人間の目でも認識が難しいような小さな動きの双方を検出することができます。生体情報の検出により、ベッド上に布団などがあっても、被介護者の不在を識別することができます。
  4. 被介護者の異変を素早く通知
    センサーが危険度を判定します。危険を察知しましたら、介護者のお手元のスマートフォンにただちに通知しますので、常にそばにいる安心感があります。
  5. プライバシーに配慮
    介護者にお持ちいただくスマートフォンには、可視光を排除した画像をお届けいたします。この画像では被介護者の姿勢や動作を確認することはできますが、顔や服装などの個人情報は送られず、被介護者のプライバシーに配慮した見守りが可能です。
  6. 記録による履歴確認
    被介護者の危険度や姿勢画像を3か月分記録します。この記録を解析することにより、危険の原因を分析することができます。

※本製品は、経済産業省「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」の補助を受けて開発いたしました。また、神奈川県「重点プロジェクト」による支援を受けています。本製品のセンサーは、NEDO「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」で開発した技術を利用しています。

問い合わせ先

本ニュースリリースの内容についてのお問合せ先
株式会社イデアクエスト 営業部 
E-mail : sales@ideaquest4u.com
TEL : 044-201-8864